検索結果

  • 女教師 市川美由紀
    2017年8月4日発売
    定価:本体1,000円+税

    私、もう現実には戻れない… どこまでも堕とされるの…この男に… 堕として…地獄に、堕としてぇ…!! 女教師・美由紀は教え子と教室でセックスした事をネタに脅され、 下衆な教師・酒井の肉奴隷として調教されてしまう。 必死に快楽に抗おうとする美由紀だったが、ついに自らチ×ポを求めるようになるのだった…! お客様のオチ×ポ…オマ×コに挿れて下さい…

  • けだものの家(下巻)
    2015年4月10日発売
    定価:本体1,065円+税

    体臭で心昂ぶらせ、精液で喉をうるおし、交わる事で満たされる。 私達は、肉便器なのです――。 必死で抵抗を続けるかんなは、最後の希望であり心の拠り所だった恋人を失い、辛い現実から逃れるために肉便器として生きてゆく決意を固めた――。 村の男達全員のなぐさみものになる、村祭りの「贄の巫女」に選ばれた母娘。 三日三晩、肉便器として犯され続ける祭りの幕が開く――! 鬼才・墓場の凌辱調教作品、 上下巻同時刊行!

  • けだものの家(上巻)
    2015年4月10日発売
    定価:本体1,065円+税

    目の前にいるのは、性欲に飢えた醜いけだものの交尾の姿だった―――。 死亡した夫の借金の肩代わりに、高丘家で凌辱され続ける母娘。 徐々に堕ちてゆく母親・潤子。快楽に抗い続ける娘・かんな。 身を挺してでも娘だけは守ろうと必死だった母は、肉欲に溺れ貪り、肉奴隷として堕ちてしまう。 そしてついには、目の前で輪姦される娘の姿に嫉妬心を抱くのだった…!

  • 公開便所
    2012年4月13日発売
    定価:本体1,048円+税

    1週間で、私は411名の男性に犯された――。 学生達の性の捌け口として設置される女体肉便器。 学生達の健全な育成を目的として出来たこの制度は犯罪抑制などの具体的な効果も実証されており、設置校は決して少なくない。 「もうイッたから」「体が限界だから」―― 彼女らの意思は関係ない。 使用する者がいる限り、彼女らに自由はない。 彼女達は人の姿をした公衆便所なのだ。 MUJIN誌で大反響を得た「公開便所」シリーズ完全収録!弩級の厚さ250P!!!

  • 壊して下さい
    2010年2月5日発売
    定価:本体1,000円+税

    また、犯されたい――。 少女達は快楽に目覚め、服従することに悦び感じる牝奴隷となる…。 生徒達の欲求のはけ口として拘束され四六時中犯される"便女"。 憧れていた先輩のそんな姿を見せられ激昂する少女もやがて…!(公衆便所) 親戚に引き取られた少女・若葉を待っていた牝犬のような暮らし。加虐の日々から逃れるべく、進学し家を出るが…!?(若葉) 幻の未発表作品「少女倒錯」も含む全8作品収録! ※この単行本は絶版となっており、取り扱いは書店在庫のみとなります。 なおデジタルコミックでの販売も致しております。